プライバシーとは?プライバシー侵害とは?

プライバシーとは?プライバシー侵害とは?


プライバシーの意味について

プライバシーとは名前や住所、電話番号などの基本的な個人情報だけでなく、他人に知られたくないことを指す言葉です。他人から干渉されることなく、個人的な私生活や私事も含まれます。

プライバシーがきちんと定義されたのは1890年で、アメリカの弁護士がプライバシーについての論文を発表したことから始まりました。プライバシーを一人で居させて貰う権利として、自宅のような私的な空間では何かを調べられたり、詮索されたりすることから逃げられるという考えです。その後情報化社会の発展と共に、プライバシーという言葉が世界中に広まったのです。

プライバシーの侵害になるのは?

プライバシーの侵害だと判断させるのは私生活の事実を公開されてしまったときやこれまで公開されていなかったことを暴露されてしまったとき、公開されることで被害者が嫌な思いになったときなどです。個人情報を勝手にインターネットに書き込んだり、誰にも知られたくない姿の写真を公開されてしまったときにもプライバシーの侵害になります。ただし自分自身で個人情報を公開していたり、既に公表していたことはプライバシーの侵害にならない場合があります。

プライバシーの侵害には刑事罰は存在しません。ですから何かトラブルが起きて相手に責任を負わせたいときには、被害者が加害者を訴えて問題を解決することになります。慰謝料の請求などをすることも可能で、侵害されたプライバシーの内容や公表されてしまった経緯、情報を掲載した媒体などによって賠償額が変わります。

シュレッダーとは、対象物を切断もしくは破砕する機械のことです。主に、オフィスや家庭で文書などを処分する際、情報漏洩を防ぐために用いられます。

Back to Top