ホームページをデザインするときに気をつけておきたいこと3選

ホームページをデザインするときに気をつけておきたいこと3選


デザインはなるべくシンプルにしよう!

ホームページの基本は見やすいことです。デザインによって肝心な本文を邪魔しないように、なるべくシンプルにすることが重要です。必要以上に奇抜なカラーや、装飾などがあるとそちらに目がいってしまい、文章に集中できなくなってしまいますよね?ですので、必要以上に凝ったデザインはかえって無駄になってしまいます。良いホームページというのは、デザインはできるだけシンプルで、文章が読みやすく見やすいホームページのことです。

文章は箇条書きで要点をまとめよう!

ホームページを作るとなると、どうしてもたくさん文章を書きたくなってしまいますが、それは危険です。なぜなら、長い文章になると閲覧者が読むのを面倒に感じてしまう傾向にあるからです。そこで、重要なことは箇条書きでまとめるなどして、なるべく文章が短くなるようにまとめましょう。ホームページを作る前に文章を書いてみて、数回読み直すなどすれば、重要なことがまとまっているかどうか分かり易くなりますよ。また、自分以外の人に見てもらって意見をもらうのも良いでしょう。

適度にイラストや写真などの画像を入れよう!

文章ばかりのホームページは、見るのが嫌になってしまいますよね?ホームページを多くの人に見てもらうためには、閲覧者が疲れないようにすることが重要になります。それゆえ、文章と適度な画像を入れる必要があるでしょう。ほとんどのホームページは、トップ画像にメイン画像があり、その後に文章が続いています。説明文には、説明を補足するためのイラストや写真の画像を入れると見やすくなりますよ。

レスポンシブデザインを採用したパソコン用の情報をスマホで読み込む際は、情報量が多いと表示までに時間がかかりますので、掲載する情報は少なめにしておかないとユーザビリティに影響します。

Back to Top